【鳴門ボート・オールレディース】伏兵・津田裕絵が連勝発進 3連単11万円台の高配当演出

2020年10月04日 17時55分

津田裕絵

 ボートレース鳴門のGⅢオールレディース「第36回渦の女王決定戦」が4日、開幕。伏兵の津田裕絵(山口=34)が連勝で開幕ダッシュを決めた。

 前半戦4Rは2コースから差し抜け。後半戦8Rも大外6コースから最内を差して伸び切りと、連勝ゴール。3連単では11万円台となる高配当を演出した。

 レース後は「え~私、連勝!? 6コースから勝てたのが(2016年8月下関オールレディース以来)久しぶりなので前半に勝っていたことを忘れていました(笑い)」と、いささか興奮気味に話した。

 舟足に関しても「前半戦はチルト0度でロスしていたので、後半戦はマイナスに下げた。展示タイムが出ていたし、いいですね。バランスが取れている。エンジンは悪くない」と手応えは十分の様子。

 この連勝で前検日(3日)は5・23だった来期適用勝率も5・36にアップ。3日の段階でA2ボーダーが5・33だっただけに、昇級の望みも出てきた。「(勝率のことなどを)考えすぎるとダメなので、何も考えずに行きます」と平常心を貫く構え。

 5日の予選2日目は2R3号艇と9R5艇での出走。この勢いなら、さらなる躍進も期待できそうだ。