【児島ボート・GⅠ開設68周年記念】初日ドリーム戦・峰竜太逃げ快勝も…向かい風で波乱のニオイも 

2020年09月29日 20時04分

初日ドリーム戦で人気に応えた峰竜太

 ボートレース児島の開設68周年記念「GⅠ児島キングカップ」が29日に開幕した。初日注目のメインレース12R「ドリーム戦」は1号艇・峰竜太(佐賀=35)が1コースからきっちり逃げ切り。圧倒的な人気に応える快勝劇を披露した。同レース2着は松井繁(大阪=50)、3着には篠崎元志(福岡=34)が入線。順当に決着した。

 初日の児島水面は終日、3メートル前後の向かい風が吹くレースコンディション。インコースが強い児島らしく、全12レース中、「逃げ」が7本と幅を利かせた半面、1号艇=インコース艇が大敗するケースもあって、3連単で7万円を超える高配当も飛び出している。30日の予選2日目も風と潮回り(干満差)次第では波乱の余地も十分にありそうだ。