【まるがめボート・大阪スポーツカップ】得点率2位・渡辺真至「出足も良かった」今年3Ⅴへ上々

2020年09月21日 22時16分

今年は安定的な強さを見せている渡辺真至

 ボートレースまるがめの「大阪スポーツカップ」は21日、予選の2日目を行った。2日間を終え萩原秀人(福井=41)が得点率でトップに立つ。この日は連勝、初日後半から3連勝と勢いに乗ってきた。「回り足が相当いいし、全部の足がいいと思う」と納得の仕上がりだ。

 2位につけるのが渡辺真至(愛知=42)。3位のSG覇者・守田俊介(滋賀=45)を上回る動きを披露している。

 今節、エース機である31号機を手にした渡辺は「エース機だけに実力以上のものを求められるのがきつい」と漏らしていたが、2日目の第4Rはスローの3コースからまくり差しを決めて1着奪取と好走。

 後半の第12R、再度3コースからまくり差しを狙ったが惜しくも2着に終わった。それでも1着の萩原が「渡辺(真至)先輩が出てきましたね」とその舟足に脅威を感じていた。

 渡辺自身も「全体にいいですね。伸びは変わらずいいけど、出足も良かった。バランスが取れて自分好みになっている」と感触は上々だ。

 ここまで通算7Vの渡辺だが今年は2Vをマーク、的確なハンドルさばきで大崩れが少ない。近況もコンスタントに予選突破を果たし、安定感がある。

 今節の足なら期待は大いに持てる。予選最終日の3日目も結果を出し、準優勝戦の好枠を手にしたいところだ。