【大村ボート・ルーキーシリーズ】舟足好バランスの川原祐明は4戦オール2連対

2020年09月09日 22時49分

川原祐明

 ボートレース大村の「ルーキーシリーズ第16戦 オール進入固定レース」は9日、予選の序盤戦2日間を終了した。その2日目は事故こそなかったものの、3連単万舟券が4本に、2連単でも10Rで1万5800円の好配当と合計5本の万穴が飛び出すなど、相変わらずの波乱ムード。10日の予選3日目もこのままのペースで推移しそうなムードだ。

 そんな乱戦基調の中、川原祐明(香川=25)がここまで1、2、1、2着と、4戦オール2連対の活躍。50号機は2連対率29%ながら、舟足は好バランスで、上々の仕上がりだ。

 また、地元の長崎支部勢も元気いっぱいで、吉田翔悟(長崎=29)が1、2、2着と3戦全2連対をキープ。こちらは「まだノーハンマー(ペラ調整をしていない)。スタートでアジャストしても出ていく足」と伸び足には、かなりの自信を持っている。さらに町田洸希(長崎=29)、本村大(長崎=21)もエンジン気配は良好だ。特に「回ってからの足とか、中間足がいい」町田は実戦レースで威力を発揮する好仕上がり。

 一方、主力と目されていた関浩哉(群馬=25)、佐藤隆太郎(東京=26)は苦戦が続く状況。特に未勝利の佐藤はひと足早い勝負駆けに追い込まれそうな状態だ。果たして立て直しなるか、3日目は要注目だ。