【浜名湖ボート・ルーキーシリーズ第15戦】宮之原輝紀イン逃げV!「上の舞台でも結果を残せる選手になりたい」

2020年09月01日 18時42分

通算3度目の優勝を果たした宮之原輝紀

 ボートレース浜名湖の「ルーキーシリーズ第15戦 スカパー!・JLC杯」は1日、優勝戦が行われ、1号艇・宮之原輝紀(東京=22)がイン逃げを決め、優勝。通算では3回目のVとなる。

 レースは枠なり3対3で開始。スタート展示ではやや立ち遅れていた宮之原だったが、「しっかりしたSが全速で行けて良かった」と、本番はうまく修正してコンマ08の快ショット。2コース・松尾拓の差しも鋭く迫っていたが、何とか振り切ってそのままゴールした。

 昨年の最優秀新人に選出されながらも、その年は優勝ゼロ。過去の受賞者の多くはその年にV経験があり、宮之原の中でモヤモヤがあった。「まだあの賞に見合う選手ではない。もっと地力をつけて、上の舞台でも結果を残せる選手になりたい」と決意を新たにするきっかけとなるVとなった。

 また、調整面でも収穫のある大会だった。今節は節間を通じて伸び型を貫き「調整面で勉強になったし、今後も反応があるならこれで行ってみたい」。このあとはびわこプレミアムGⅠ「ヤングダービー」、平和島GⅠ66周年と伸び型の調整が生かせるプールが続く。今後の台風の目となることは間違いない。

 宮之原は1997年11月26日生まれの118期生。過去の優勝は、2018年6月江戸川W優勝戦、同年8月平和島一般戦の2回。ヤングダービーは昨年の三国大会が初出場で、優出5着と結果を残している。