【尼崎ボート・オールレディース】エース機駆る深川麻奈美が予選トップ通過「エンジンがいいので信頼して乗れます」

2020年08月23日 20時12分

深川麻奈美

 熱い戦いが続くボートレース尼崎のGⅢ「オールレディース」は23日、予選を終了。24日の5日目は準優勝戦を行う。予選をトップで通過したのは、エース機と組み8戦5勝と好走を続けた深川麻奈美(福岡=33)。2位には予選最終日を連勝で締めくくった地元の中谷朋子(兵庫=43)。3位は原田佑実(大阪=33)で、この3者が準優戦の1号艇を手にした。

 エース機を駆る深川は、4日目後半の10Rは6号艇。1Mで最内を差すも5着、オール2連対は途切れたが予選首位通過を決めた。「行き足もいいしスタートも決めやすい。エンジンがいいので信頼して乗れます。全速でスタートさえいければ問題ない」と不安要素はなさそう。

 ただ、この好調な深川をピタリとマークする地元の中谷も魅力的な存在だ。4日目、前半1Rは3コースからまくり快勝。後半11Rはインから逃げ切り、連勝で予選を締めくくった。「起こしはだいぶ改善してきたし、足は全体にいい」と仕上がりは上々だ。

 中谷は俊敏なハンドルさばきが武器で14期連続A1をキープ。女子のなかでトップクラスに入るレーサーだ。また地元・尼崎は近況3年間の成績は勝率8・59、2優出し2Vと実績は文句なしだ。今節は深川の快走が目立つが、中谷も黙ってはいない。まずは準優で逃げてV奪取をもくろむ。