【大村ボート・ヴィーナスシリーズ】優勝戦進出の6名が決定! 絶好枠の遠藤エミ「エンジンの調整が間に合った」

2020年08月21日 22時37分

初優勝を狙う遠藤エミ

 ボートレース大村の「ヴィーナスシリーズ第10戦」は21日、シリーズ最大のヤマ場となる、準優ラウンドを展開した。

 注目の3番勝負は第1弾の9Rが逃げた浜田亜理沙(埼玉=32)が1着で優出一番乗り。外から攻めた倉持莉々(東京=26)が混戦となった2Mを差して、2着を奪取して優出。

 続く第10Rは1号艇・岩崎芳美(徳島=48)が逃げ快勝。守屋美穂(岡山=31)が小さく差して追走。揃ってベスト6入りを決めた。

 さらに、準優ラスト第11Rは遠藤エミ(滋賀=32)がイン押し切りで圧勝! 2コースだった三浦永理(静岡=37)が、大外から攻めて出た来田衣織(兵庫=24)を抑えて、2着を確保。優勝戦進出を果たした。
 迎える22日最終日、第12Rで行われる優勝戦の組み合わせは次の通り。

 1・遠藤 エミ(滋賀=32)

 2・岩崎 芳美(徳島=48)

 3・浜田亜理沙(埼玉=32)

 4・守屋 美穂(岡山=31)

 5・三浦 永理(静岡=37)

 6・倉持 莉々(東京=26)

 絶好枠を勝ち取った遠藤は「(エンジンは)準優が一番良かったし、調整が間に合った。ただ、もう少しターン出口でスムーズに回れるように調整をしていく。スタートをする足や、1Mまでの足は問題ない。今年はまだ優勝がないので、初優勝をしたいですね」と意欲満々だった。