守屋美穂 地力アップと結婚の相乗効果

2013年11月28日 12時16分

☆芦屋GI「第2回賞金女王決定戦」(12月10~15日):カウントダウンコラム(2)

【11位・2354万3000円=守屋美穂(24)岡山・101期

 守屋にとって今年は人生のターニングポイントだった。2月の鳴門オール女子戦で初優勝。通算1000走目での達成だった。その後は優勝こそないものの優出7回。女子戦が中心とはいえ、ほぼ予選突破という安定感が決定戦出場の大きな要因だ。

 もう一つは結婚だ。7月3日、先輩で今年の平和島ダービーで優出した山口達也と入籍。「優勝はエンジンのおかげ。でも一つ一つの積み重ねが実った感じです。結婚も支えてもらえているので本当に心強い。それに今年は男女混合の記念レース(GI2回、GⅡ1回)を走らせてもらっていい勉強になっています」

 初の賞金女王決定戦は芦屋が舞台。「10月のリーグ戦で優出(5着)したし、イメージはいいです」