【大村ボート】〝節一〟郷原が長崎勢を蹴散らす!

2020年08月11日 22時47分

郷原章平

 ナイターレースで行われているボートレース大村の一般戦は12日最終日、第12Rで優勝戦が争われる。ベスト6の顔ぶれは次の通り。

1号艇=下條雄太郎(長崎=34)
2号艇=原田 幸哉(長崎=44)
3号艇=中村 辰也(長崎=32)
4号艇=郷原 章平(福岡=38)
5号艇=村上  遼(長崎=28)
6号艇=坪口 竜也(長崎=31)

 予選トップ通過を果たしていた郷原が5日目の準優勝戦9Rで痛恨の2着に敗れた。その結果、準優戦11Rの勝者で、予選第2位だった下條に優勝戦1号艇が転がり込んだ。このツキはいかにも大きそうで、今年3度目のV奪取へ向けて渾身の速攻勝負が冴えわたりそうなムード。

 それでも、舟足はやはり郷原が〝節一〟(今節で一番)のデキの良さ。「(準優勝戦は)1Mのターンでレバー(アクセル)を握り過ぎ(て失敗した)。でも、足は良くて、行き足から伸びがいいし、自分が一番出ていると思う」と変わらず機力には自信満々の口ぶりだ。

 長崎県にあるボートレース大村のお盆シリーズとあって福岡支部勢は〝多勢に無勢〟で肩身も狭いが、これだけのエンジンパワーがあれば、孤軍奮闘してもおかしくはない。優勝戦でも十分に見せ場はつくれるだろう。