【びわこボート・GⅠびわこ大賞】優勝戦出場6選手が〝赤備え〟で健闘誓う 注目は〝赤〟カポックの3号艇・君島秀三

2020年08月03日 19時59分

〝赤備え〟で気合十分の3号艇・君島秀三

 激闘の準優戦3番勝負を終えたボートレースびわこのGⅠ「開設68周年記念 びわこ大賞」はいよいよ4日最終日、第12Rでベスト6による優勝戦が争われる。

 決戦を前に優勝戦に出場する6選手が滋賀県観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわこ」のアピールに一役買った。戦国時代に徳川軍の先方として絶大な功績を挙げた彦根藩井伊家の「赤備えの甲冑」を着用して記念撮影を行った。

「近江を制する者は天下を制す」の言葉にちなむ演出だが、こうなると気になるのは赤色のカポックに身を包むことになった3号艇・君島秀三だろう。井伊家初代藩主・井伊直政をほうふつとさせるような勇猛果敢なレースぶりでGⅠ初制覇なるか注目だ。

 きみじま・しゅうぞう=1980年9月9日生まれ、滋賀支部の89期生。2001年11月にBRびわこでデビュー。04年4月の浜名湖一般戦で初優勝。18期連続でA1をキープする滋賀を代表する強豪レーサーの一人。通算29V。