【芦屋ボート・オールレディース】竹井奈美は予選9位で準優進出「3コースのスタートは大丈夫」

2020年07月30日 20時03分

準優進出を決めた竹井

 熱戦を展開しているボートレース芦屋のGⅢ「オールレディース」は31日(5日目)に準優勝戦を行う。30日、その準優戦に向けた予選最終日を行い、塩崎桐加(三重=28)が4日目も連勝。2日目から怒とうの5連勝で予選を首位で通過した。機力、リズムともに抜群でこのままVへ突き進むか。2位は日高逸子(福岡=58)でF2ながらもスタートは安定し舟足は上位級だ。3位の細川裕子(愛知=38)も気配は良く、この3人が準優1号艇を獲得した。

 そんな中、予選9位で準優に進出した竹井奈美(福岡=30)。4日目第9レースは2コースから差し切って1着。「足自体は悪くないけど、4日目はかかりが甘かった。合えば全体に中堅上位です」。舟足はまずまずのようだ。

 2009年5月に福岡でデビューした竹井。身長は152センチと小柄だが積極的、攻撃的なレースと鋭い旋回力が持ち味で4期連続でA1をキープする。これまで優勝は7回だが、ここ芦屋では優勝がない。

「芦屋はいつも苦戦しているけど、リズムは上がってきた。3コースのスタートは大丈夫。思い切って行きます。かかりだけを求めて1M冷静に回れるように調整したい。優出目指して頑張ります」。持ち前の果敢な攻めで優出を狙う。