西島義則が通算2000勝達成

2012年06月29日 12時00分

 江戸川GI「江戸川大賞・開設57周年記念」は29日、予選2日目。初日注目の好カード・DR戦は田村隆信がインからきっちり押し切り快勝。次位には地元・飯山泰が入り、順当な決着となった。なお中野次郎がF(8R)で戦線離脱。また桐生順平も負傷帰郷した。

 11Rを豪快にイン逃げ快勝した西島義則(50、福岡)。これが自身通算2000勝(史上82人目)の節目のゴールとなった。レース後は後輩たちに水神祭を求められ「1000勝も1500勝も(水神祭を)してないし、まだ通過点。5000勝したらしてもらうわ(笑い)」と丁重にお断りしたが「本当は前節の尼崎の優勝戦で決めておきたかったけど、24年ぶりに記念に呼ばれたここで決めるのも何かの縁だと思う」とさすがにうれしそう。

「(広島勢が連勝と)若いモンがいい流れをつくってくれた。エンジンもええしね。足合わせでも強めだし行き足~伸びがいい。これならセンターやアウトでも十分に対応できそう」

 先の若松GI60周年記念でもファイナルまで激しくファイティングポーズを取り続け、準優勝するなど50歳を迎えてもまだまだ元気いっぱい。今節も「まずは2001勝を目指して頑張る!」と気合満々だ。