【三国ボート・ボートレース甲子園】優勝戦6選手コメント公開! 1号艇・吉川元浩「兵庫代表として全国制覇」

2020年07月11日 18時16分

吉川元浩

 ボートレース三国で開催中のGⅡ「第2回全国ボートレース甲子園」は12日にいよいよ最終日。第12Rではクライマックスとなる優勝戦が行われる。その優勝戦に出場する6選手のコメントを一挙公開!

 ①吉川元浩(47=兵庫)「出足が良くて伸びも大丈夫だと思う。乗り心地も良かったし、準優の感じなら万全といえる。三国はプール状の水面で地元の尼崎に近いので相性はいい。兵庫代表として全国制覇したい」

 →②今垣光太郎(50=福井)「完全な出足寄りで行った。空回りしていたし、競ったらダメだったと思う。伸びをつければ出足は全くなくなるけど、スリットから少しのぞくくらいにはなる。3枠なら3カドにするつもりだったけど、2枠ならバランス型で」

 →③峰竜太(35=佐賀)「1Mで差せたのはたまたまだと思うけど、ハギさん(萩原秀人)より出足は良かった。伸びもハギさん以外とは上位で一緒。追い風ならツケマイ6割のつもり」

 →④萩原秀人(41=福井)「伸びで負ける人はいない。出足、回り足も悪くないが、結果的に仕上げが甘かったかも。優勝戦は伸びに寄せたい。Sは全速コンマ10が目標」

 →⑤田村隆信(42=徳島)「序盤は準優にも乗れないと思っていたが、セット交換で舟がハネるのが直ったのが大きい。足は全体に普通。見劣ることはないが、アドバンテージはない。現状の仕上がりで行く」

 →⑥瓜生正義(44=福岡)「足はいい感じで行けた。全部に『◎』がつく。乗り心地も安心感があるというほどではないが悪くない。Sも大体は行けると思う。基本は枠なり」