【江戸川ボート】今節初の全レース実施!「GⅡモーターボート大賞」今泉が4戦全2連対でトップ

2020年07月03日 19時23分

今泉友吾

 3日に行われたボートレース江戸川のGⅡ「江戸川634杯 モーターボート大賞」の予選3日目はこれまでの荒れ水面から一変。コンディションも落ち着き、安定板も外され、今節初めて12Rまで全レースが実施された。

 3日間を終えて今泉友吾(東京・30)が2、1、2、1着と4戦全2連対で得点率トップに立った。僅差の2位には若林将(東京・36)。3位にはベテラン・三角哲男(東京・53)、4位・桑島和宏(東京・35)とポイント上位は地元東京支部勢が占めた。

 なお、この日の第5Rでは集団フライングが発生。1号艇・石倉洋行(福岡・40)、2号艇・作間章(東京・40)、4号艇・下出卓矢(福井・33)の3艇がFの勇み足。石倉は+0・07、下出は+0・06の非常識Fを犯したため、即日帰郷となった。また、5Rの売り上げ9151万9700円のうち、97・4%に当たる8916万5300円が返還となった。