【宮島ボートSGグランドチャンピオン】桐生順平が予選トップに浮上

2020年06月24日 19時41分

桐生順平

 24日、ボートレース宮島のSG「第30回グラチャン」の予選2日目が行われた。この日は初日から好スタートを切った面々が好走を続け、着々とポイントアップに成功した。

 中でも、初日ドリーム戦を2着としていた桐生順平(埼玉・33)が5Rを「抜き」で、12Rを「逃げ」で連勝の大活躍! 3戦して2、1、1着の安定した航跡で得点率10・00。現時点での予選トップに立ち、「(足は)普通ですね。乗り心地がいいので、そこを壊さないようにしたい」と予選後半戦をにらんだ。

 桐生は艇界最高峰のレース「グランプリ」に2014年から昨年まで6年連続出場中で、17年の第32回グランプリを制するなど、SG3Vの実力派。今大会でも有力候補に挙がっている。