【住之江SGオールスター】ファン投票2位の大山千広 史上初SG制覇へ気合!

2020年05月25日 14時00分

【ボートレース住之江・ナイターSG「第47回オールスター」:カウントダウンコラム「闇夜を照らす星となれ!」3=女子レーサーの巻】ボートレース住之江のナイターSG「第47回オールスター」の開幕がいよいよ26日に迫った。新型コロナウイルス感染拡大防止のため今大会も無観客開催。それでも人々に元気と勇気を与えようというレーサーの意気込みを追ってきた直前連載「闇夜を照らす星となれ!」――。最終回は大会の華・女子レーサーだ。

 今大会は前回と同じ8人の女子選手が出場。2011年の第38回大会(尼崎)では横西奏恵さんが優出(6着)を果たしており、今大会も史上4度目となる女子レーサーのSG優出にも期待がかかる。

 昨年の蒲郡PGⅠレディースチャンピオンを制するなど今、最も注目されている女子選手・大山千広も2年連続2度目の出場。今回はファン投票2位と注目度の高さをあらためて証明。初日ドリーム戦2号艇で登場する。「ファンの方々にチャンスを与えてもらった。まだファンの期待と実力が釣り合っていないですが、この票数は私の今後への期待だと思っています。この経験をしっかり生かしていきたい」と気持ちを引き締めている。

 3年前の芦屋PGⅠレディースチャンピオンで夏の女王となった小野生奈も参戦。7年連続7回目と今回、出場する女子レーサーの中では最多出場となる。ただ昨年4月を最後に1年以上Vから遠ざかるなど近況は本来の力を発揮できていない。それだけに「去年は全然、活躍していないのに今年も選んでいただいてファンに感謝です。久しぶりにSGを走れるので楽しんで、思い切ったレースをして、選んでよかったと思ってもらえるように頑張りたい」と気持ちを奮い立たせている。近況は「(調子も)いいと思う。今年は優勝こそないが自分なりにしっかりレースできている」と力強い手応えをつかんでおり、オールスターで“復活”することでファンに恩返しするつもりだ。

 昨年7月の芦屋GⅡ・MB大賞で男女混合GⅡ以上のグレード戦での女子Vという史上7人目の快挙を達成した守屋美穂も活躍の期待は大きい。「こういう大変な時期なのでレースをできること自体がありがたい。ファンあってのオールスターなので無観客開催は残念だけど画面を通していいレースを見せられるように頑張る」と健闘を誓った。

 またクイーンズクライマックスV経験がある松本晶恵、遠藤エミに女子戦線をけん引する長嶋万記と実力派女子も参戦。3年ぶりにオールスター復帰となる平高奈菜や初出場の香川素子にも注目だ。