【新鋭王座決定戦】イン篠崎がGI初優勝

2013年09月23日 21時37分

【桐生ナイターGI新鋭王座決定戦】“最後の新鋭王座決定戦”は23日、ベスト6によって優勝戦が争われ、予選トップ通過―準優戦1着でポールポジションを手にしていた篠崎仁志(25・福岡・101期)が4コースのカドから仕掛けた片岡雅裕の攻めをしのいでイン先マイ。見事、GI初優勝を決めた。混戦の1Mは片岡(落水)、前田将太(不完走)、中田竜太(転覆)がもつれるレースとなった。

 2着・中島健一郎、3着・桐生順平で決着。2連単1-6は3870円、3連単1-6-3は1万3610円の好配当となった。

 篠崎は「最後の新鋭王座を勝ててメモリアルな優勝が出来た。素直に嬉しい」と笑顔で答えた。この優勝で獲得賞金も約3960万円としてランキングも第23位まで浮上。今後の活躍次第では年末の大一番「賞金王決定戦」出場も夢ではなくなった。

 この優勝戦を自宅でテレビ観戦した兄・元志は「自分のレース以上に緊張していた。自分が(先輩として)いたことで、弟に辛い思いをさせていたし、悔しい思いもさせてしまった…。言葉にならないくらい嬉しいです」と興奮気味に語った。