芦屋グラチャン 太田和美が首位浮上

2012年06月22日 10時05分

 激闘の続くボートレース芦屋のSG「第22回グランドチャンピオン決定戦」は22日、いよいよ予選最終日を迎える。

 DR戦の点増しの恩恵にあずかった太田和美が平本真之を抑えて得点率首位に浮上。これに吉田俊彦が続いてトップ3を形成している。

 予選突破のボーダーラインは6・00と想定。これで試算するとトップ3に井口佳典と丸岡正典、原田幸哉、平尾崇典を加えた7人にひと足早い当確ランプが点灯している計算。対照的にDR組の池田浩二に、新制度下で再ブレークしつつあった坪井康晴や浜野谷憲吾らは、力及ばず、落選の可能性が高くなった。

 

パパになっての初仕事に燃える〝若き東海の星〟平本真之