パパ平本の初仕事は「リベンジ」

2012年06月19日 14時00分

 ボートレース芦屋のSG「第22回グランドチャンピオン決定戦」が19日、その幕を開けた。

〝若き東海の星〟平本真之(28、愛知)がパパになっての初仕事に燃えている――。

 芦屋入り直前に、待望の長男が誕生した。「24日が予定日だったけど良かったですよ。出発前に会えて…。まだ生まれていなかったら気が気じゃなかったですもんね。ええ、立ち会ってきましたし、名前も悠人(はると)とつけました。父親になったからにはいい仕事をしないとね」と自然と気持ちも前向きになっているようだ。

 手にした24号機は「班では変わらなかったし、悪くはなさそうだけど、これといったいい特徴はなかったですね。まあ普通には行っていたんでヨシとします」とギリギリ及第点のムード。

 このグラチャンは前回大会(児島)、1号艇で優出したものの苦汁をなめたレース。リベンジの舞台は整った。


グラチャン開会式で「パパがんばるよ」