【平和島ボートSGクラシック】吉川元浩が優勝戦1号艇ゲット! クラシック連覇に王手!!

2020年03月21日 18時41分

クラシック連覇に王手をかけた吉川元浩

【ボートレース平和島SGクラシック 優勝戦(12R)注目選手】吉川元浩(47=兵庫・79期)が5日目(21日)準優10Rで2コースからインの毒島誠をねじ伏せるまくりで快勝。優出を決めた。

「2日目にペラを叩き変えてから、良くなりました。伸び寄りから出足寄りに持ってこられて、レース足がいいです。準優でもスリットからのぞいていたし、出足もいい。エース機らしいパワーを感じますね。満足しています」と相棒のエース13号機の仕上がりは万全だ。

 レース直後は「この足ならカドでもS先取りすればチャンスある。コースはどこでも」とコース自在に対応する構えだったが、11R、12Rで1号艇が敗れ、優勝戦1号艇が転がり込んだ。

「1号艇ですね。昨年よりもエンジンはいいですし、インから逃げるだけです」。波乱の連発だった準優の流れを断ち切り、堂々のイン逃げでクラシック連覇を決める。