ボートレース尼崎で死亡事故 地元のトップレーサー松本勝也選手

2020年02月09日 18時26分

松本勝也選手

 9日、ボートレース尼崎で開催中のGI「近畿地区選手権」4日目9Rに出走した松本勝也選手(兵庫)が、1周2マークで転覆。その際、後続艇が松本艇に乗り上げるような形で激突した。

 松本選手は、すぐにレスキュー艇で救助され、西宮市の兵庫医大に搬送されたが、16時12分死亡が確認された。48歳だった。死因などは現在のところ不明。

 松本勝也選手は1971年9月1日生まれ、91年デビューの68期生。通算1798勝。GI、SGタイトルはなかったものの、2000年下関のSGグランドチャンピオン決定戦競走では優出していた。

 ボートレース場での死亡事故は13年11月2日、ボートレース下関での鈴木詔子選手の事故以来、31件目。