【住之江GPシリーズ】木下翔太が地元で予選トップ通過

2019年12月20日 20時55分


【住之江GPシリーズ(20日)】シリーズ戦の予選を締めくくる4日目、木下翔太(28)が10Rできっちりとイン逃げ。予選トップ通過を決めた。もちろん準優1号艇が決定。そして準優で勝てば優勝戦1号艇とV最短距離につけている。悲願のSG初Vへの「道」が大きく開けた形だ。この木下に嶋村瞳(ミス東スポ2018)が直撃。Vへの手応え、思いを熱く語った。そして最後には「もしSGで勝ったら…」と衝撃の決意を告白した。