【常滑SGグラチャン】赤岩が得点率トップ

2013年06月27日 19時03分

【常滑SGグラチャン】熱戦を展開するボートレース常滑のSG「第23回グランドチャンピオン決定戦」は前半戦3日間を終了。28日に予選最終日を迎える。

 3日目(27日)を終え、地元の赤岩善生(37=愛知)が4戦3勝3着1回の好成績で得点率トップに浮上した。予選突破のボーダーラインは6・00と想定され赤岩のほか深川真二、茅原悠紀、篠崎元志が一足早く当確圏入り。赤岩は4日目1回乗り(4R)で3着以上を取れば得点率トップで予選を終了する。悲願の“ビッグレース”初制覇がグッと近づくが…。

 なお、本来なら得点率2位となるはずだった山田哲也は10Rで「優先艇保護違反」となり賞典除外の憂き目。残念でならない。