【桐生周年】群馬のイチ押しは秋山

2013年06月14日 14時02分

山崎(左)と江口が強敵を迎え討つ!

【桐生周年】地元群馬勢のリーダーでもある“桐生の顔”江口晃生に大会の魅力・ポイントを解説してもらった。

 ――今大会のポイントはどこか

 江口:とにかく黄色プレート(上位エンジン)を誰が引くか。調整力のある人がいいエンジンを引いたら強いと思う。

 ――当地巧者は

 江口:瓜生、辻、(斉藤)仁でしょう。この3人は桐生ではいつもエンジンを出す。特に調整のしつこさなら辻。最後には必ず仕上げてくるからね。自分が中堅のエンジンで、彼らがいいエンジンを引いたら絶対に勝てないですよ。

 ――群馬のイチ押しは

 江口:なんといっても秋山だね。とにかくターンは別格。もともと乗りっぷりがいいけど、最近はさらにランクアップして本当に強くなった。何かつかんだんじゃないかな。ペラ制度が変わって悩んだのが逆に良かったんじゃないか。何も苦労せずにつかんだわけではないだろうし。彼は走り方もエンジンの出し方も独特。

 ――江口選手も桐生ではエンジンを出す

 江口:よくそう言われるけど、それはみんなの思い込み。僕は出てないのをごまかしているだけですよ。まあ、ゴールデンウイーク(の桐生)で引き出しも増えたし、地元戦は有利だと思う。

 ――今大会のPRを

 江口:桐生のナイターは見ていて奇麗だし、レースも単調でなく面白い。インは強いけど2、3着で逆転もある。ボートの良さを十分に味わえるレース場だと思ってます。名人戦みたいに「面白い」と言われ、盛り上がってほしいですね。