【福岡ボートSGオールスター】茅原悠紀 飛び切りのS決めてSG制覇目指す

2019年05月25日 18時25分

茅原悠紀

【福岡ボートSGオールスター:5日目(25日)】イン水域潜入を試みる6号艇・石野貴之を警戒して全艇オールスローで開幕した準優10R。茅原悠紀(31=岡山・99期)は他5艇に先駆け、コンマ04のトップSを決めて1Mを先取。最終マークまでもつれた2着争いを尻目に万全の逃走劇だった。

「Sバッチリでしたね」とレース後は会心のSを自画自賛。「今節はSの見え方は悪くないのにタイミングの部分で良くなかった。だからSは踏み込み、結果につなげられてうれしい」と笑顔。

 続けて「もともとは出足型で4日目から行き足や伸びの感じも良くなり上位。もう欲しい部分はない」と仕上がりに太鼓判を押す。

 ファイナルは「スローのSは分かっているので誰が相手でもスロー水域から出たくない」と意地でもコースは主張する様子。飛び切りのSを決めて、2014年の平和島「グランプリ」以来となる2度目のSG制覇を目指す。