【福岡ボートSGオールスター】予選突破見えた上野真之介「簡単にコースは譲らない」

2019年05月23日 17時30分

予選突破が見えた上野真之介

【福岡ボートSGオールスター:3日目(23日)】上野真之介(31=佐賀・102期)は7Rのイン戦をモノにして日またぎの連勝に成功。2日目にSG通算11戦目で初勝利、水神祭を挙げたばかりだがこの勢いは本物か!? 得点率12位まで進出。予選突破をにらんだ予選最終日の意気込みを直撃した。
  
 ——SG連勝だ

 上野:たまたまでしょう。あくまで“運一本“”できていると思っています。でも、ようやくSGを楽しめるようになったので、気持ちの余裕がいい結果につながっているのかもしれない。

 ——調整は順調

 上野:そうでもない。むしろ苦労している。前検の方が感触は良かったくらいで喜んでばかりもいられない。

 ——苦労とは

 上野:調整をつかみきれていない。3日目はスタート展示のときは伸びが足りない気がしたのに、展示タイムは悪くなかった。そして本番レースでは勝手に伸び型になっていて、バックでもよく伸びた。逆に出足は好きな感じではなかった。

 ——今後の調整は

 上野:そこが悩みどころ。回り足重視で調整しているので本来ならバランスが取れてくるはず。しっかり乗れる足なら心強いのに…。でも足自体は悪くないので難しい。それに福岡は自分とは何かが合わないというか、不思議な水面。

 ——予選最終日は4号艇と2号艇

 上野:自分はコースに特化する調整はやらないし、枠なり進入になるとは限らないメンバーでしょう。もっともピット離れは悪くないので簡単にコースを譲るつもりもない。できる限りの調整だけはして、深く考えずに出たとこ勝負で行く。

 ——最後に意気込みを

 上野:自分は人に“おめでとう”と言われるような人生ではなかったので水神祭は素直にうれしかった。3日目も結果を出して、予選突破がかなう位置にいるのだから、準優戦に乗りたいという気持ちはより強くなりました。頑張ります。

〈24日=3、10R出走〉