【福岡ボートSGオールスター】長嶋万記「“心を整える”が、できるようになりました」

2019年05月21日 19時40分

長嶋万記

【福岡ボートSGオールスター:初日(21日)】前開催優出2着の59号機を引き当て、初日2、3着の好発進を決めた長嶋万記(37=静岡・91期)。機歴が示す従来の伸び型のイメージとは異なるが、機力高水準は間違いない様子。上位進出へ前途洋々の“レディース”を直撃した。

 ――足はどうですか

 長嶋 いい状態ですよ。乗りやすさがあってターンしやすい。それに行き足も良さそうです。

 ――伸び型ではない

 長嶋 伸びだけということはないですね。もちろん、これまで良かった伸びも落とさずに調整できてますけど。

 ――その調整とは

 長嶋 前検日は前操者の金子龍介選手のペラのまま乗ったら、回転の上がりが良かった。感触は悪くなかったので初日前半もそのまま行ったら、気になる部分が見つかった。だから、後半までにペラは片面だけ叩いた。初日連勝した石野貴之選手と足併せをして一緒くらいだったし、エンジンがいいのは間違いない。そこからさらに全体に底上げできていると思う。

 ――S勘はどうか

 長嶋 前検ではスムーズに起こせたのに、前半戦は起きなくてコンマ33と遅れた。後半はこわごわ乗ってコンマ14だった。コンマ10の景色は見えているし、行き足も大丈夫。あとは自分の問題です。

 ――今大会の意気込みを

 長嶋 実は誕生日が28日なんです。オールスターはファンの方に選んでもらって出られるSGで出場できるのはうれしい。でも、それとは別に誕生月に行われるSGだから好きなんです。

 ――以前と少し雰囲気が変わっている

 長嶋 自分は気持ちの整理に時間がかかるタイプでした。でも最近は完璧ではないけど集中できるようになってきた。サッカー日本代表の長谷部誠選手の著作でいう、“心を整える”が、できるようになりました。初日は自分の内側の部分ではきっちり集中できてました。このリズムで2日目も頑張ります。

 〈2日目(22日)11R出走〉