【鳴門ボートGI四国地区選手権】2日目DR 重成一人 ここで弾みつけ悲願のSG制覇へ

2019年02月08日 16時03分

重成一人

【鳴門ボートGI四国地区選手権(10日開幕)2日目=11日、スマイル君ドリーム展望】

<1号艇・重成一人>四国を代表するトップレーサーの一人だが、2011年を最後にGI勝利から遠ざかっている。先の蒲郡63周年記念では痛恨のFを切ったが、それでもひるまないのがこの男の強みだ。今年に入って2優出しているようにリズムそのものは悪くないはず。ここで弾みをつけ、今年こそは悲願のSG制覇といきたいところだ。

<2号艇・林美憲>昨年を含めてこの地区選は2勝している“地区選ハンター”。年またぎで行われた鳴門の一般戦では優出。13年には60周年記念を勝っているように、地元水面との相性はいい。

<3号艇・山川美由紀>女子レーサー界をけん引してきた第一人者。昨年のプレミアムGIレディースチャンピオンを制したように、ますます円熟味を増した印象だ。今年は尼崎で優出から鳴門オールレディースV、まるがめ優出と絶好調!

<4号艇・興津藍>10年にここ鳴門で行われた地区選を制している。今年は大村で優出し、2着と好発進。好相性の水面でさらなる高みを目指す。

<5号艇・中岡正彦>昨年4度の優勝が示すように腕は確か。今年もまるがめで幸先良くV。続く芦屋も連続Vと悲願のタイトル奪取をもくろむ。

<6号艇・西野雄貴>17年に大けがを負ったが、昨年はこの鳴門で優勝。今年に入ってもこの地元水面でVを飾っている。