【芦屋ボートGI全日本王座決定戦】純地元・芦屋育ちの川上剛 この大会にかける思いは人一倍

2019年01月14日 15時19分

ペラ調整に絶対的な自信を持つ川上。地元のここでは侮れない

【ボートレース芦屋GI開設66周年記念「全日本王座決定戦」(15日開幕)注目選手】川上剛(37=福岡)は純地元の芦屋育ちで、この大会にかける思いは人一倍だ。

「西山(貴浩)とか仲谷(颯仁)とか、後輩たちが成長している中で選んでもらってうれしい」と、出場できる喜びをかみ締めている。

 慣れ親しんだ水面だけに調整には自信を持ち、後輩たちにも惜しみなくペラのアドバイスを送る良き兄貴肌。当地11月SGチャレンジCでは峰竜太が川上伝授のペラ調整で準V。「(峰)竜太が活躍してくれてうれしかった。自分のペラが間違いないって自信にもなるしね」。当地正月レースは優出=5着。調整をつかんでいるのも大きなアドバンテージとなる。

「失うものは何もないので、進入、Sと攻め一辺倒でいきたい。地元の記念を取るのは“夢”なので、ファイナルを目指して、初戦から勝負をかけていきたい。選手生命最後の記念と思って走りたい」と一走入魂の走りを誓った。