【GI戸田プリムローズ】恒例のエンジン素性ベストテン!

2018年10月06日 16時01分

【ボートレース戸田GI「開設62周年記念 戸田プリムローズ」7日開幕:戸田エンジン素性ベストテン】

 司会・男 さあ東スポ恒例のエンジン「ベストテン」。今回は戸田62周年記念ですね。

 司会・女 戸田といえば2年前のモンスターエンジン44号機の印象が強いわね。今年はそんなエンジンあるの?

 記者 結論からいうと現状で突出した機はありませんね。現行エンジンは6月29日に初下ろし。多い機でも使用回数8節ということもあってパワー相場は流動的です。

 司会・女 あら、残念ね。それで1位は11号機。

 記者 はい。お盆シリーズで優勝した中田竜太から節一宣言。特に回った後の押しやそこからのつながりが良さそうでしたね。地元の佐藤翼も「11号機を引きたい」と話していました。ただ…。

 司会・女 何よ、“ただ”って?

 記者 現時点の総合力で1位にしましたが、パンチ力という点では38号機が上です。伸びは抜群で“ポスト44号機”と評判です。ただ…。

 司会・女 また“ただ”。今度は何よ。

 記者 出足、回り足系統がやや甘いんですよ。でも記念級がどう仕上げるか注目ですね。

 司会・男 伸びシロが望めるということですね。

 記者 25、15、28、13号機あたりも同様に伸びが目立っています。調整次第ではトップ級に変身する魅力はあります。

 司会・女 2連率トップの32号機は9位と評価が低いのね。

 記者 乗り手に恵まれている部分もあるにもかかわらず優出1回。悪くはないんでしょうけど、評価は微妙ですね。

 司会・女 女心と秋の空ってことね。

 司会・男 えっ?

 司会・女 変わりやすいってことよ。めっきり涼しくなってきたし、エンジンもいい男(選手)によって気持ち(気配)が変わるでしょ。