【GI児島キングカップ】“期待の大物”岩瀬裕亮 ブレークなるか

2018年09月22日 15時02分

岩瀬裕亮

【GI児島キングカップ:注目選手】目前のレースにひたすら全力投球――。岩瀬裕亮(30・愛知)は柔らかな物腰ながら、自らの現実を客観視する様子が印象的な好青年だ。ボートレーサー養成所での在校成績はトップ。卒業記念レースで優勝するなど鳴り物入りでデビューした。大舞台でのブレークには至っていないが、2018年後期はキャリアハイ7・53の勝率を残しており、近況も4節連続で準優進出(うち2優出)と好調だ。

 それでも「取りこぼしているレースが多い。まだまだやれるはずだし、もっと上は目指したい」とおごることはない。児島については「特別相性がいいというイメージはないけど、優勝(13年・新鋭リーグ戦)はあるし、それなりに結果を残せている水面ですね。どちらにしても目の前の一走一走を大切に乗らせてもらいます」と表情を引き締めた。

 くしくも取材当日、現在は長崎支部に所属する師匠・原田幸哉が徳山で24場制覇を成し遂げた。「すごいですよね。自分はそういうレベルに至ってないので想像すらできない」とポツリ。GⅠ優勝すらないだけに、これは自然な感想だろう。ただ、この若武者もそう遠くない未来に、艇界を担うレーサーに成長すると誰もが確信しているはずだ。まずはこの児島での走りから目が離せない!