• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【徳山ボートSGグランドチャンピオン】中田竜太「まずはSG初優出目指します」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【徳山ボートSGグランドチャンピオン】中田竜太「まずはSG初優出目指します」


【ボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」カウントダウンコラム(1)】19日からボートレース徳山で開催されるSG「第28回グランドチャンピオン」の直前カウントダウン企画「GC経験は浅いけど やってやれないことはない!」――。第1回はグラチャン初出場の中田竜太(30=埼玉)が登場! 昨年4月にGⅠ初Vを挙げると今年も3月の地元の戸田61周年記念でGⅠ・3勝目。メキメキと力をつけてきた艇界のホープに迫った。

 昨年はまるがめ65周年記念、ヤングダービーとGⅠ・2勝。SGもオールスター、オーシャンカップ、メモリアル、ダービー、チャレンジカップ、グランプリと自己最多となる年間6大会に出場した。今年に入っても地元の戸田で3勝目となる周年記念を制するなど充実期に入ったかと思えた。しかし、自身は「それなりにいいエンジンを引いたら出せていたが、良くないと全然出せなかった。調子自体は可もなく不可もなくなんですが、すごく波がありました」と苦悩しながらだったと明かす。

 ただ最近は「尼崎オールスター前の宮島で、それまでのペラがだいぶ間違っていたな、と気づいた。そこから次第にいいほうに変わってきた感じはあるし、兆しも見えてきました」と光明が見え始めた。その尼崎オールスターでは予選を6位で通過と活躍した。

 その流れで迎える初参戦のGC。「SGにたくさん出るか、優出しないと出られない大会。そういう面では去年は今までの中でも頑張ったんじゃないかなと思えます」。またSGの大舞台での超一流との対戦は自分自身を高める格好の場。「記念やSGのトップクラスとのやりとりは厳しいけど、一般戦とは違った緊張感があるし、レーサーである以上は最高峰のクラスをベースに、モマれながら勝負をしていきたい気持ちが強くあります。それに、SGではまだ優出がないので、まずは優出を目指して頑張ります」と自らを高ぶらせている。

 決戦の地・徳山は「ほぼ行ったことがないので得意、苦手はないですね」と苦手意識がないのは、好材料だろう。しっかりと経験を積み上げ、着実に地力を強化してきた。今ならSG初優出、さらには念願の初Vへと一気に駆け上がっても不思議ではない。

☆なかだ・りゅうた=1988年4月10日生まれ。埼玉支部の104期生。2009年5月、戸田でデビューし、5走目で初勝利。初優勝は13年9月の戸田。17年4月まるがめ65周年でGⅠ初優勝。通算19VでGIは3V。SG初出場は14年10月のとこなめダービー。優出、優勝はなし。同期は松田大志郎、岡村慶太、浜田亜理沙(妻)、竹井奈美、西川昌希ら。身長166センチ。血液型=A。

【最年長SG優勝】これまでSG競走での最年長Vは安岐真人(引退)が達成した52歳7か月22日(1997年=若松・メモリアル)。今大会、その記録を超え「歴代1位」となる可能性があるのは今村豊(達成すれば57歳0か月2日、写真)と江口晃生(同53歳4か月13日)の2人。特に注目したいのは地元水面でのレースとなる今村だ。

 今回の出場選手中で当地の優勝回数(32回)、優出回数(74回)、1着回数(511)すべてがトップの数字。GIも4回、制しているなど実績は文句なし。となれば記録更新の夢は現実味を帯びてくる。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!