• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【下関ボートGI競帝王決定戦】スピード別格の峰に連覇かかる白井が挑む

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【下関ボートGI競帝王決定戦】スピード別格の峰に連覇かかる白井が挑む


白井英治

【ボートレース下関・ナイターGⅠ「開設64周年記念/競帝王決定戦」:2日目(10日)Make a Dream展望】1号艇の峰竜太は先月尼崎のSGオールスターではファン投票1位に輝き、ドリーム戦でも逃げ切って人気に応えた。予選道中の減点もはねのけて準優へ駒を進めるなど、トップクラスの舞台でもスピードは別格だった。当地は昨年のSGチャレンジカップ以来の参戦。2日目の転覆が響いて予選突破はならなかったが、前々回の2015年11月一般戦では9連勝のパーフェクトVの大活躍。今回もファンのド肝を抜くようなターンが見られそうだ。

 峰以上に期待を集めそうなのが3号艇で登場する地元エースの一人、白井英治。今年はここまで9優出3V。直近Vとなった5月とこなめ一般戦では7戦6勝の準パーフェクトVと格の違いを見せつけた。ただ、SG、GⅠ戦線では苦戦が続く。1月平和島の63周年記念では優勝戦1号艇から、松井繁の前づけもあって長田頼宗のまくりに屈し3着。3月浜名湖のSGクラシックでも優勝戦1号艇に座りながら、井口佳典のツケマイに屈して5着など、あと一歩が遠い印象。ただ、連覇がかかる地元GⅠとあって気合は十分。

 さばき的確な田中信一郎や池田浩二、ピカイチのS力が魅力の菊地孝平も侮れない存在。昨年の蒲郡ヤングダービーを制した中田竜太も勢いがある。2月戸田のGⅠ・61周年記念を制するなど、今年も記念戦線での活躍が目立つ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!