• 文字サイズ

東スポWebトップ > レース > ボートレース > 【仲間たちの絆〜レーサーズ〜】問題児を一発強制させた教えとは

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【仲間たちの絆〜レーサーズ〜】問題児を一発強制させた教えとは


GW戦に師弟参戦した佐藤(左)と田中

【仲間たちの絆〜レーサーズ〜】ボート界に存在する様々な師弟関係、グループ、人脈を公開する企画「~仲間たちの絆~レーサーズ」。第2弾の今回、スポットを当てるのは山口支部の最ベテランである新良一規のグループに属する田中浩之(43)と佐藤駿介(24)の師弟だ。

 山口・宇部高校の先輩後輩という縁で結ばれた2人。弟子である佐藤は羽野直也や仲谷颯仁など成長著しい110期以降の“新世代”の一員。そして知る人ぞ知る波巧者でもある。1Mのうねりで有名なボートレース福岡の初参戦時には5、6着なしで準優に駒を進める快進撃。果敢に握って攻めるレースも売りの一つで、今後のブレークが期待される若手といえよう。

 そんな佐藤が感謝してもしきれない存在が師匠の田中だ。

「レースできるようになったのは、田中さんのおかげです」と佐藤。

「デビューしてすぐのころ、遠くから教えに来てくれました。(着外になることが多く)1Mだけしか映ってないのに、毎回リプレー(映像)を一緒に見て。レースのイメージがつかめるようになったし、今の自分のスタイルが築けたのもそのおかげ」。今でも「車移動だし、お酒は飲めないから」と喫茶店などでコーヒーを片手に行うミーティングは欠かさない。

「今は僕より上手ですよ」と笑う田中だが、当初はなかなかの“問題児”だったそう。

「自分が教えたのは走り方だけ。デビューしてすぐのころは内を突いてキャビることが多かった。守りに入って、それでも守れずに抜かれてたから(笑い)。最初はどうしようか、と思ったくらいですけど、すごく上手になりました」と目を細める。

 田中が初めてかつ唯一の弟子に教えたことは、整備でもペラの形でもなく、全速ターンを心がけることだった。「とにかく1Mをきちんと回れるようにって。でも、そのおかげかコイツ、まくり差しとかも上手でしょ?」と、その腕を認めている。

 今、佐藤の目標は「まずはA級レーサー」。デビュー5期目でB1に昇格したが、2018年後期適用勝率では3・68。まだまだ成長途上だ。ただ、全国的には名前が知れ渡っていないだけに、今が狙い時の存在でもある。これからも田中との二人三脚で全速ターンを磨き初優出、初優勝、そしてA級昇格を目指す。

☆たなか・ひろゆき=1974年6月27日生まれ。山口支部の74期生。1994年5月の下関でデビュー。同9月徳山で初勝利。優勝、GⅠ出走はない。同期には鳥飼真、石渡鉄兵、辻栄蔵、守田俊介らがいる。身長161センチ。血液型=O

☆さとう・しゅんすけ=1993年9月23日生まれ。山口支部の115期生。2014年11月の下関でデビュー。16年1月住之江で初勝利。通算1着回数は28。同期には佐藤隆太郎、仲谷颯仁、野中一平、関浩哉、前原哉らがいる。身長169センチ。血液型=A。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!