【伊勢崎オート・GⅡレジェンドカップ】大会初出場の荒尾聡は前節落車後で整備を敢行

2022年03月01日 18時24分

大会初出場の荒尾聡(東スポWeb)
大会初出場の荒尾聡(東スポWeb)

 伊勢崎オートのGⅡ「レジェンドカップ」は2日、開幕。登録27期以前の記念レースでの優勝者を中心に、経験豊富な96人が集結した。

 初日12Rの選抜予選はSG覇者選抜と銘打ち、SGウイナー8人によるレース。その大外8番車は地元の高橋貢(50=伊勢崎)だ。2月の浜松GI・スピード王決定戦以来とあって、「前回から久々なのでエンジンは何とも…。とりあえず乗ってみて調整は考える」と話し、実戦での動きを確認したい。

 そして、この大会に今回から参戦するのは荒尾聡(40=飯塚)だ。荒尾も前節は浜松GI・スピード王決定戦だったが、優勝戦で落車(他落)した。「落車で前回までは参考外。今回はフレーム一式にクランクとケースを交換しました。まずはこれで乗って合わせたい」と整備を敢行し初戦に臨む。こちらもV候補の1人だが、立て直し好発進なるか、初日の動きに注目だ。

【関連記事】

関連タグ: