【伊勢崎オート・GIシルクカップ】GI初出場の深谷俊太が初戦で1着ゲット「スタートが切れたのが大きい」

2022年01月06日 19時08分

深谷俊太(東スポWeb)
深谷俊太(東スポWeb)

 伊勢崎オートのGI「開場45周年記念シルクカップ」は6日、幕を開けた。

 その初日7Rで、今節がGI初出場の34期・深谷俊太(30=浜松)が初勝利を挙げた。

 10線3車並びの中央から好スタートを決め、0線・山中充智もかわし1コーナー先手を取る速攻劇。「独走が自分の勝ちパターンなので」と得意の展開に持ち込み、そのまま6周を押し切った。上がりタイム3・370秒は「自己ベストです」と笑顔を見せた。

 前検時には「(伊勢崎は)スタートのタイミングが分からないし、跳ねもくる」と、当地の相性は決して良くなかった。だが、この日は「いいスタートが切れた。それが大きいですね」と会心の手応え。足周りも「少し跳ねるけど、フォーク周りを扱ったのが良かったかも。以前来た時よりもいい」と嫌なイメージは覆した。

 今年の初戦が初のGI。そこで好結果を出した。「いい形で1着を取れてうれしい。自分としては上出来です」とホッとした様子。「エンジンはいいので、もう1本取れるように頑張りたい」。7日の2日目5R、連勝なるか注目だ。

【関連記事】

関連タグ: