【山陽オート・GⅠスピード王決定戦】湿走路苦手の落合巧 サプライズ配当演出!「ぶっつけでいったタイヤが良かった」

2021年12月17日 19時42分

3連単16万円を演出した落合巧(東スポWeb)
3連単16万円を演出した落合巧(東スポWeb)

 山陽オートの創刊55周年九州スポーツ杯GⅠ「第56回スピード王決定戦」は18日の9~12Rで準決勝戦が行われる。3日目の準々決勝戦で一番のサプライズといえば、湿走路不得手が定着している落合巧(24=浜松)の激走だ。

 オートレースは雨の得手不得手がはっきり出る競技で、落合は典型的な後者。準々決勝戦第1弾となった5Rでは試走タイムもビリ。もともと、雨になると乗りっぷりがサッパリだっただけに全く人気がなかったが、単騎0ハンからすんなり先行すると、止まる気配もなくまんまと逃げ切りに成功。3連単は16万円オーバーとなる今節最高配当を叩き出した。

 試走は外を走って失敗したが、本番では軌道修正に成功。「ぶっつけでいったタイヤが良かったし、エンジンも晴れ用にキャブレターを調整したのが良かった。もうこれで十分いいので、特にやりません」と完調宣言も飛び出した。

 穴党ファンを歓喜させる激走に「僕の1着賞金(14万円)より配当の方が高かったですね」とニヤリ。準決11Rはハンデが10メートル下がっているが、今の勢いなら侮れない存在だ。

【関連記事】

関連タグ: