【山陽オート・GⅠスピード王決定戦】エンジン上々・緒方浩一 車名「グレート・ムタ」の由来は?

2021年12月16日 19時44分

緒方浩一(東スポWeb)
緒方浩一(東スポWeb)

 山陽オートの創刊55周年九州スポーツ杯GⅠ「第56回スピード王決定戦」は17日、3日目を迎え、5~12Rで準々決勝戦が行われる。

 準々決勝戦で注目したいのが7Rに登場する緒方浩一(36=山陽)だ。2013年の当大会覇者が2日目1Rの雨走路を制して巻き返しに成功し、エンジンも上々。得意の雨走路で流れを着実に引き寄せた。

 車名は「グレート・ムタ」。もともとプロレス好きで武藤敬司(58)の大ファンだった。2019年4月の浜松SGオールスターでは本人がゲストで来場すると分かり、心躍らせたという。

「若井さん(友和=47、川口)からせっかく武藤さんが来るんだから車名を変えてみろよ」とけしかけられ、現用車のグレート・ムタと名づけるのには迷いがなかった。

 その節は残念ながら予選落ちに終わり、ファンの前で武藤と〝ご対面〟とはならなかったが、来たるべく日に備え、「グレート・ムタの車名は変えるつもりはゼロ。これで戦い続けますよ」と信愛している。

 山陽が誇るレジェンドレーサーになるべく、地元GⅠの大舞台で奮闘中だ。

【関連記事】

関連タグ: