【浜松オート・SG日本選手権】青山周平が快勝「初日に比べ良くなった」

2021年11月04日 19時33分

青山周平(東スポWeb)
青山周平(東スポWeb)

 SG「第53回日本選手権オートレース」は4日、2日目を行った。

 特別予選11Rで青山周平(36=伊勢崎)は、大外・佐藤貴也のカマシをしのぎ、1周3コーナーで逃げた岩見貴史を差し先頭に立つと、そのまま後続を振り切り1着を奪取。立て直してきた。

「フォーク周りの部品を替えたり、セッティングをやって、乗り味は初日に比べ良くなった」と上向いた。ただ「まだ万全ではない。手前も先も良くしたい」と調整は必要な様子。それでも独走で完勝と内容はよく、上積みができれば、より一層、スピードが増してきそうだ。

 5日の3日目・12Rのスーパーライダー戦は優勝戦のような好メンバーが揃う。8号車となり、展開がつくれるかが焦点だ。「カマそうかな」と一撃をにおわす。大外から目の覚めるスタートが決まるか、目が離せない。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ