【飯塚オート・SG全日本選抜】黒川京介〝あわや落車〟を切り抜けたツキ生かす

2021年09月24日 21時59分

3回目のSG戦優出を狙う黒川京介
3回目のSG戦優出を狙う黒川京介

 飯塚オートのナイターSG「第35回全日本選抜オートレース」は24日、3日目を開催し4~11Rで準々決勝戦、12Rでプラチナセレクション(選抜予選)が行われた。

 準々決勝戦Aの8Rでは、初日から2、3着と上位着順にまとめて予選を突破した黒川京介(23=川口)が道中、他車と接触するアクシデントに見舞われながらも4着に入りセミファイナルに駒を進めた。

「接触があったけど、フレームは大丈夫だと思います。スタート後にチェンジして伸びたし、追っている感じも良かった」とエンジンも影響なかった様子で一安心。

 前節に当地のミッドナイト戦を経験できたことも大きい。良くない現状打破へエンジンの心臓部に手を加え、フレーム交換にも踏み切った。わずか3日間開催で機調を整えることは簡単なことではない。ましてや2日目が台風で中止になり、実際にレースができたのは初日と最終日の2日間だけ。それでも最終日には手応えを得るまでに機を立て直し今シリーズにつなげた。

「やろうと思っていたので準決勝戦に向けてリングを替えます。タイヤも初日の良かったものに交換」

 準決勝戦11Rは、あわや落車の展開不利をくぐり抜けたツキも生かして3回目のSG優出を狙う。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ