【川口オート・GⅡ川口記念】青山周平が大会連覇での600勝達成へ「決められたら最高」

2021年05月29日 21時30分

連覇に王手をかけた青山周平

 川口オートの「GⅡ川口記念」は29日の4日目、準決勝戦を行った。12Rでは前回覇者・青山周平(36=伊勢崎)が序盤から着実にさばいて1着、順当に優出を決めた。

「跳ねや滑りはなく、今節の中では(準決勝戦が)一番いい動き」と感触は悪くない。だが「伸びがない」と不満な部分もある様子。パワーアップを図り決戦に挑む。また、準決勝戦の勝利で599勝。大会連覇で通算600勝へ「決められたら最高」と気合が入る。

 地元勢で注目は中村雅人(40=川口)だ。11Rではカマシ攻勢から内に潜り3コーナーで2番手、2周回で先頭に立つ速攻劇を披露。3・376秒とこの日の一番時計で快勝した。

「少し重さがあるけど、エンジンは良くなった」。機に手応えを感じていることから表情は明るく、大会初制覇も見えてきた。実力者のV争いは見ものだ。

関連タグ: