【川口オート・GⅡ川口記念】青山周平が速攻で準決へ エンジン整備で「初日よりいい感じ」

2021年05月28日 21時40分

12Rで快勝した青山周平

 川口オートの「GⅡ川口記念」は28日の3日目、準々決勝戦と12Rで特別予選(無事故完走で準決勝戦進出となる選抜戦)を行った。

 その12Rは前回覇者・青山周平(36=伊勢崎)が、2周1コーナーで先頭に立つ速攻劇で快勝。「スタートは浮いたけど、1~2コーナーでいい位置が取れましたね」と振り返った。エンジンも整備し「初日(の晴れ)よりいい感じ。乗り味、体感はいい」と上向いた。ただ、上がりタイム(3・383秒)が思いのほか出ていないのが気がかりなようで、ここから調整でさらなる上積みを狙う。

 地元勢では永井大介(44=川口)と中村雅人(40=川口)が良化。永井は準々決勝戦11R、スタートしまくり攻勢から展開をつくり、5周回で先頭に立ち1着。「手前がいいからレースはしやすい。スタートもいけた」と好感触だ。

 また、前日は「良くない」と話した中村は、3日目の9Rで内外自在に立ち回り制した。「セッティングを変えて(晴れの)初日より良くなった」とこちらも気配はいい。地元2トップの優出に期待だ。

 

関連タグ: