【川口オート・GⅡ川口記念】気合の散髪で黒川京介が準決勝進出「エンジンは、だいぶいい」

2021年05月28日 18時52分

散髪効果もあり準決勝戦進出を決めた黒川京介

 川口オートの「GⅡ川口記念」の3日目(28日)準々決勝戦8Rで、黒川京介(22=川口)が1着奪取、準決勝戦進出を決めた。

 好スタートを決め1コーナーは5番手に。そこから車速を生かして攻め上げ、ゴール前で山際真介(45=川口)を差し切った。「スタートは攻めようと思いました。隣に佐藤(摩弥、29=川口)さんがいたので」。その作戦が見事成功した。元々、消音マフラーは跳ねる症状が出て苦手としていた。だが「キャブ調整とフォーク周りを扱って、跳ねがないところまできた」と懸案課題をクリアした。
 
 そして、この日の勝負駆けに向け、「活を入れようと、勢いで泉田(修佑、24=川口)と木山(優輝、22=飯塚)に髪を切ってもらいました」。その気合入れも吉と出たようだ。

「エンジンは、だいぶいい。ただ立ち上がりで外に行く感じがあるので、もう少しだけ調整する」と万全を期す構え。苦手だった消音マフラーの仕上げにもメドが立ち「良かった」と笑顔。29日の4日目準決勝戦もクリアし、この大会初優出を目指す。

【関連記事】

関連タグ: