【川口オート・GⅡ川口記念】片野利沙は速攻で1着の好発進、佐藤摩弥は3着

2021年05月26日 23時15分

片野利沙(左)と佐藤摩弥

 川口オートの「GⅡ川口記念」は26日、幕を開けた。初日は前回覇者の青山周平(36=伊勢崎)をはじめ中村雅人(40=川口)、永井大介(44=川口)、若井友和(47川口)ら地元勢に早川清太郎(38=伊勢崎)、篠原睦(43=飯塚)ら主力は順当に好発進を決めた。

 今節は女子選手2人が出場している。片野利沙(28=川口)は6R、2周1コーナーで先頭に立つ速攻劇で1着、好発進を決めた。「レース後半は乗りづらかった。冷えた方が合っていて乗りやすい感じ。だから遅いレースの方がいいですね」という。それでも「エンジンは4月のオールスター前の節に整備してからいいです」と手応えを感じている。

 一方、佐藤摩弥(29=川口)は9Rで追い切れず3着。連に絡んだが2人揃って勝利を挙げることはできなかった。「少し跳ねてギクシャクする感じ」と話すが「前回(消音マフラーの開催)に比べたらいい」と調整の方向性は正解の様子。ここから跳ねの修正と上積みを狙う構えだ。

 ただ27日の2日目は雨予報。ともに得意とはしていない湿走路となりそうだが「雨は負けないように頑張る」(片野)「前回、雨で乗れたセッティングにしてタイヤも万全にして、しのぎたい」(佐藤)と奮起を誓った。

関連タグ: