【浜松オート・GIゴールデンレース】鈴木圭一郎が準決勝戦で1着 大会3度目のVに王手

2021年05月15日 20時04分

好仕上がりの鈴木圭一郎。速攻戦でV奪取となるか

 浜松オートのGI「開場65周年記念ゴールデンレース」は15日の4日目、準決勝戦を行った。V候補の一角・青山周平(36=伊勢崎)は11Rで3着に敗れたが、地元の主役である鈴木圭一郎(26=浜松)は12Rで追い込んで1着、優出を決めた。

「エンジンはいいですね。リングを替えて上積みはできました。トルク感は昨日(3日目)よりいいし、コーナーのスムーズさもある。今節の中で一番良かった。もう微調整の域です」とエンジンは問題ない。

 懸念はスタート。準決は鋭いカマシは決まらなかった。そして優勝戦の日は雨が降る可能性もある。「練習から良くなかった。雨でもスタートですね。空回りするので。クラッチ周りを扱います」と万全を期す。

 昨年に続く連覇、そして3度目の大会Vに王手をかけた。「特には…」とその意識はないようだが、しっかり結果を出し、期待に応えてくれるはずだ。

【関連記事】

関連タグ: