【浜松オート・GIゴールデンレース】鈴木圭一郎が整備で良化し今節初勝利!

2021年05月14日 19時59分

鈴木圭一郎
鈴木圭一郎

 浜松オートのGI「開場65周年記念ゴールデンレース」は14日の3日目、準々決勝戦を行い地元の主役・鈴木圭一郎(26=浜松)は12Rでさばき快勝。上がりタイムは3・375秒のこの日の一番時計で今節初勝利を挙げた。

「クランクケースとクランクを替えました」と整備を施し臨んだ。「(求めている)トルク感は少しずつ出てきています。まだ完璧ではないですが」と完調まではいかないがマシンは上向いている。「まだ粗さもあって…。それが取れたらもっとスムーズに行けると思います。リングあたりを点検してみます」と話す。
上積みの余地はありそうで、準決勝戦も楽しみになってきた。

 一方、青山周平(36=伊勢崎)は11Rで攻め切れず5着に終わった。「跳ねが今日(3日目)が一番ひどかったですね」と乗り味は最悪の様子だった。「エンジンもいろいろ、調整をやり過ぎているのかも。初日が一番まともだったので、その状態からやり直します」と修正して準決勝戦に臨む。立て直しなるか、気になるところだ。

関連タグ:
 

ピックアップ