【浜松オート・GIゴールデンレース】鈴木圭一郎が連日の2着「トルク感がない」

2021年05月13日 19時45分

鈴木圭一郎

 浜松オートのGI「開場65周年記念ゴールデンレース」は13日、予選の2日目を行った。

 11Rで鈴木圭一郎(26=浜松)は追い切れずこの日も2着、今節初勝利とはならなかった。試走は3・25秒と断トツの時計だったが「レースは試走ほどではない。トルク感がない」と表情はさえない。「何か考えます」とマシンのテコ入れを示唆。3日目の準々決勝戦12Rで、どう変化するか目が離せない。

 青山周平(36=伊勢崎)も2日目の12Rで5着。「セッティングはやったけど合ってないのか、付いていくのがいっぱい。何もできなかった。何でだろう」と首をかしげる。「やった調整は戻して別の整備をします」と立て直しを誓った。

 今節はV候補となる主力が苦戦している。中村雅人(40=川口)は3着と連には絡んだが、荒尾聡(39=飯塚)は6着、永井大介(44=川口)と高橋貢(49=伊勢崎)は4着と不発。マシンの修正は急務となっている。

関連タグ: