【飯塚オート】吉松憲治&優輝が優勝戦で初の親子対決!「こんなところで走りたくなかった…」

2021年05月01日 21時05分

初の親子対決が、なんと優勝戦になってしまった吉松憲治(左)と優輝

 飯塚オートは2日が最終日。12R優勝戦では吉松優輝(26=飯塚)、憲治(53=山陽)の親子対決が実現する。

 まずは息子・優輝が1着権利の9Rの狭き門を突破。父・憲治も11Rを勝って優勝戦に駒を進めた。初日から連勝の憲治は「タイヤも良かったし、試走もかなり手応えがあった。腰周りがしっくりして今まで以上に乗りやすかった。余裕があった。エンジンはいい。晴れならこのまま」と好感触のマシンに口も滑らかだった。

 ただ「雨なら優輝だけには負けんように頑張る」と話したあと「(優輝と)一緒に走るのは初めてなので緊張する。できれば一緒に走りたかったが、こんなところ(優勝戦)で走りたくなかった」と複雑な胸中を吐露した。

関連タグ: