【川口オート・SGオールスター】佐藤摩弥4着でSG初制覇ならず…それでも「年末見えたかな」

2021年04月29日 19時52分

華麗なスタートを披露したサトマヤ

 川口オートのSG「第40回オールスターオートレース」は29日の最終日、12Rで優勝戦を行い、SG初制覇の期待がかかった佐藤摩弥(28=川口)は4着に終わった。

 湿走路となった優勝戦でも武器のロケットスタートが決まった。1コーナーの先手を奪い、夢の戴冠へ逃げ展開をつくる。ただ、鈴木圭一郎(26=浜松)も黙っておらず、4周回でまくってくる。必死に抵抗するが逆転を許し、その後も黒川京介(22=川口)、青山周平(36=伊勢崎)に抜かれ、4着でゴールとなった。

「スタートは最高でした。うまくいきました」と話す。ただ「メチャクチャ滑った。ペースがすごく遅かった」とピッチ上げられなかった。「3着には絡みたかった」と悔しがるが「年末も見えたかな」と12月のスーパースター王座決定戦トライアル出場に向けたポイント(SG優勝戦4着は7ポイント)も取れたことに一安心。最後は「最低限のレースはできた」とやり切った表情を見せた。

写真=佐藤摩弥

エトキ=華麗なスタートを披露したサトマヤ

関連タグ: