【川口オート・SGオールスター】岡谷美由紀 SG初優出王手「思い切っていきます」

2021年04月27日 18時09分

SG初優出へ秘めたる闘志を燃やす岡谷

 川口オートのSG「第40回オールスターオートレース」は27日の3日目、準々決勝戦を行った。

 その準々決勝戦6Rで3着に入り準決勝戦進出を決めた岡谷美由紀(36=浜松)。10メートルオープンの最内1番車だったが、スタートは不発で1コーナーは4番手、一時は5番手まで下がった。「3着に入らないとヤバイと思いました」と必死の逆襲劇。4周回に4番手、ゴール前で藤岡一樹(41=山陽)を差し切った。

「試走タイム(3・33秒)的には抜けなくもないかな、と。エンジンはいいし、タイヤも良くて立ち上がりが決まった。感触は3日間で一番良かったですね」と仕上がりはいい。

 元々、川口は「地元(浜松)に近いセッティングで合ってくれて、あれこれしなくていいんです」と調整しやすく相性がいい。「3日目のタイヤは使えます。準決勝戦は、展開がうまくつくれるようにスタート練習します」と万全を期す。

 レースは準々決勝戦から最重ハンディの位置に。「この位置で自信をつけたい。思い切っていきます」。クールビューティーは闘志をむき出しにはしないが、勝利への思いは熱い。SG初優出なるか注目だ。

【関連記事】

関連タグ: